MWS 〜 Original World

ファンタジー作品


▲戻る



指に宿る邪


第1章『双生の鬼子』
悲劇としか呼べぬ六月の婚礼にて、
花嫁の怒りが双生の鬼子を召び寄せる
0102030405
0607080910
第2章『流れを汲む者』
日常に少しずつ異分子の影が入り込み、
神と鬼を汲む者たちの交わりの風が吹く
0102030405
0607080910
第3章『百鬼の行く夜』
笑顔で日常を過ごす者がいる一方で、
夜を非日常が駆け、ただ幸福であれと願う
0102030405
0607080910
第4章『漆黒の悪魔』
黒き魔は願いを抱き、街を翔け抜け、
大切なものとの再会を、強く強く求む
0102030405
0607080910
第5章『天女の没落』
天より堕つるその身に宿りし想いは、
時過ぐるも、消ゆることの無きものなり
0102030405
0607080910
第6章『憑き従う糸』
護れぬ脚にも躰にも、存在価値などない
恐れず、諦めず、大切な君の隣へ行こう
0102030405
0607080910
第7章『紅葉の季節』
望まざる結果とて、望みし道の先にあり
なればこそ、我が歩みの止まることなし
01・02・03・04・05
06・07・08・09・10
第8章『生と死の輪舞』
闇の滅びを求めた代償としての罪と罰
耐えて贖えるなら、ただこの口を噤め
01・02・03・04・05
06・07・08・09・10
第9章『交わる時の軌跡』
高天原より下りしが、俗世人こそ鬼のよう
ましてや、彼の世の鬼女の、天女の如きか
01・02・03・04・05
06・07・08・09・10
第10章『時間の澱』
絶望と共に創りし世にて、永久を生き、
何も要らぬがただ…… ただ時よ……
01・02・03・04・05
06・07・08・09・10


番外編『天原の軌跡』
天神に認められし者らの末は皆共に
矜持に囚わるることもなく、今を生く
0102030405
06・07・08・09・10
番外編『彼らの呟き』
人も鬼も妖も、この世に住まいし何人も、
言の葉を発する権利を持ち、自由である
0102030405
0607080910
11
番外編『彼らの日常』
気負うべきことなど何もありはせず、
望まずとも、誰もが当たり前を享受せん
01
 




こっそり人物紹介(ネタバレあり)

ネット小説ランキング>現代FTコミカル>指に宿る邪
ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。(日1回)



ランキング参加中。お気に召して頂けましたらクリックお願い致します。